交際クラブとパパ活アプリの違いを徹底比較

HOME » 交際クラブ » 交際クラブとパパ活アプリの違いを徹底比較

交際クラブとパパ活アプリの違いを徹底比較

もともと「交際クラブ」というのは、女性とデートのセッティングを目的として利用する人が多いです。
しかし、交際クラブではパパ活として利用している男性も多いと言われています。
そこで、交際クラブとパパ活アプリの違いについて見ていきたいと思います。

・交際クラブとパパ活の意味の違い
交際クラブの意味は富裕層の男性と一般女性が知り合う場所を提供してくれる場所です。
一方、パパ活は性的行為を目的とした人が利用していると思う人も多いですが、本来の意味はデートや食事をしてお金をもらうというものです。
基本的にパパ活では肉体関係を持つことがないと言われています。

・交際クラブとパパ活の男性ユーザーの質の違い
交際クラブは集会時に審査があり、身辺調査を経て入会するため成功者や富裕層の人しか利用できません。
また、パパ活アプリよりも入会費や会費などの料金が高く、たくさんのお金を支払わなければなりません。
一方、パパ活アプリでは気軽に若い女性とデートがしたい、食事をしたいと考える人も多く月額料金も比較的安いので一般のサラリーマンなどでも利用できるのが特徴です。

・交際クラブとパパ活の募集方法の違い
交際クラブの場合は男性ユーザーから誘われるので、女性は基本連絡を待つだけです。
しかし、パパ活の場合はより自分が稼ぐために富裕層の男性、比較的お金を持っている男性を狙いたいので、自分から積極的に男性にメッセージを送らなければなりません。
また、パパ活では事前にどれくらいの報酬をもらえるのかを交渉しておかなければならず、少ない報酬でデートを持ち掛けられるケースもありますよ。
交際クラブは富裕層の男性が利用しているので、報酬もスマートに渡してくれるだけでなく、高額な報酬をもらえることもありますよ。

このように交際クラブとパパ活アプリとでは大きな違いがあることが分かります。
より稼ぎたいという女性の場合はパパ活アプリよりも、交際クラブを利用して報酬を受け取ったほうがいいと思います。
最近はパパ活として交際クラブを利用する男性も多いのですが、こういった男性ユーザーは入会審査にクリアしている人なので富裕層の人が多いです。
パパ活は一般のサラリーマンなども利用できるので、富裕層を狙って稼ぎたいのであれば交際クラブがおすすめですよ。
また、ユーザーの質も交際クラブの方が高く、年齢層も30代〜40代の人が多いです。
交際クラブの場合は30代〜50代までの幅広い男性が利用しているので、若い人と出会いたい場合も交際クラブがおすすめですよ。